IMG_9255

道中、ど田舎。

というわけで、どうもby_sKです。
8/25、ふと思い至って例の新函館北斗駅まで自転車で行ってきました。
全力の現実逃避でした(ぶっちゃけ

事の発端


昨日の記事より
スクリーンショット_2016-08-25_21_39_30


青春18きっぷ
これが今回の帰省のカギだったので、買いに行こうと思ったわけです。

で、すぐ買ってすぐ帰ってこようと思ってたので家を出たのは12時過ぎ
函館駅まで行かないと買えないと思ってたけど、家を出た直後に「あれ?五稜郭駅で行けるんじゃね?」と思い付き、行ってみた。

函館駅




53

買えちゃった
用事が予想以上に早く終わってしまい、拍子抜けしてしまったわけです。

で、


昼間やろうと思ってた作業を放り出し、自転車の旅へ出掛けました。
ただの現実逃避じゃねえか。


最近を見てなかったので、海沿いの道路に出てひたすら走ってみました。

函館山横から見たり
IMG_9246


(海猫?)をみたり
IMG_9251


てゆーかここどこ?
IMG_9249


地図を見ると、まさかの函館市を抜けだして北斗市まで来てたことが発覚。
どうせここまで来たなら、ということで北斗市で唯一の縁のある場所に行くことにしました。

農作物直売所「六輪村




北斗市の農家が協力して運営している農作物直売所六輪村です。
授業で以前お世話になり、今もわけあって関わってたりします。

ここでは、新鮮なきゅうり6本260円で購入。浅漬にしていただくとします。

で、
ここでふと「そういえば新函館北斗駅行ってみたいな」とか思いついてしまいました。
ので、
六輪村のおばちゃんにちょっと相談してみました。

僕「ここから新函館北斗駅まで自転車で行くってどうですかね?」

おばちゃん「いや〜、それはもう、 無謀だよ 」

僕「なるほど…」

※参考までの地図
18


五稜郭からここまでとほぼ同じ距離か…、

行けるやろw

と判断しました。馬鹿じゃ無えの。

ぼく「行きますわw」

おばちゃん「えっ行くの?そういえばちゃんと昼ご飯食べたの?」

ぼく「あ、そいえば朝から何も食べてなかったです、途中でなにか食べますね」

おばちゃん「気をつけてね〜」

そんなこんながあって、六輪村を後にしました。
新函館北斗駅まで、長旅の始まりです。

六輪村→新函館北斗駅 道中


移動開始5分後くらいから、猛烈にこの移動を後悔してました。

というのも、
五稜郭駅→海沿い→六輪村までのルートは海沿いであるため坂が殆ど無く、橋以外は平坦で走りやすかったんです。
しかし、六輪村→新函館北斗駅のルートはどう考えても山
上がって下がっての繰り返し。体力はさっきの倍ペースで溶けていきました。

道中発見1:よくわからない何か


IMG_9257

国指定史跡って書いてる。
けど、坂だったのでろくに登らずすぐ移動に戻った

道中発見2:石碑


IMG_9258

さっきの場所から割りとすぐ。北斗市生誕十周年記念の石碑
奥の景色も良かったです。

そんなこんなしてるうちに、ふと思い出したことが有りました。

そういえば、新函館北斗駅の近くにスケボーショップあるから行きたいって思ってたじゃん!

周りにまともにスケボーしてる人が居ないので、話だけでも聞いてみたかったわけです。
というわけで、少し寄り道おば。

スケボーショップ「DIAMONDRAMP」




閉まってた。

店を閉めたのか今日が休みだったのかすらわからない。多分後者。
ま、ろくに調べてきてないから今度出直そう…と再出発しようとしたら、車が一つ入ってきて、ひとりのおっちゃんが出てきたわけです。

DIAMONDRAMP 前で出会ったおっちゃん


店の人かな?とびっくりしたけど、客でした。で、やっぱり閉まってる理由はわからないらしい。
ただ、ここの店主が函館市大門のほうにあるグリーンベルト周辺に小さい店を出してる(?)という話を聞きました。今度見に行ってみようと思います。

新函館北斗駅 目前


03

ここを真っ直ぐ行くと新函館北斗駅ってところ。
なんか某大学の長い坂ルートを思い出す、目的地は見えてて周りに何もなくただただ道が続く感じでした。

新函館北斗駅




やっとついた。長かった。
ものすごく疲れて、とりあえず自転車を止めて中に入ってみました。

が、暑い冷房がろくに効いてない。ていうか店とか全然ない唯一あるのが休憩所兼カフェ(?)、とりあえず入ってなにか食べつつ休むことにしました。

CAFE 41GARDEN






腹にたまる食べ物がなかったのでアイスクリーム頼みました…

やっぱこういうところは高いですね、流石観光料金って感じ。いや、単なるオサレカフェレベルかな…
ていうか自動ドア挟んでも涼しくないのね…

駅全体像を含め、この辺から全然写真を取らなくなりました写真よか移動したいって感じです。

ここで小休憩し移動再開。来た道を帰るのは面白く無いということで、大沼国道と呼ばれる内陸側の道を選択し、そちらに向かうことに。

セイコーマート




北海道ローカルコンビニ「セイコーマート」。一時期バイトしてました。ホットシェフっていう唐揚げ的な奴が人気。
で、なんでこんなところにわざわざ入ったかというと、
・飯を食べたい
・冷房が欲しい
・椅子に座りたい

これらをすべて満たせる店を探しながら自転車をこいでて初めて見つけたのがここでした。なんてこった。

しかし、ここでおにぎりを食べつつ冷房にあたり体力を回復、切れかけてた余裕もふっかつしました。良かった。というわけで、本格的帰り道に入ります。

北斗市→函館市 道中


基本的に気になった場所や道があればガンガン入っていく寄り道しまくりなノープラン方針で自転車を漕いでたんですが、少し道をそれたところに行ってみたかった店がある事に気が付き、向かってみました。結構遠回りしてますが、写真取るほどインパクトのあるものがなかったのが残念。

本を読まない人のための本屋「wonderful world!」






店のタイトルに一目惚れしてた店でした。この機会にってことで行きました。

店内入ってすぐに瓶コーラの自販機があってびっくり。店を出る際買って見ましたが、「コーラって美味しいんだ…」て生まれてはじめて思えた瞬間でしたね。瓶は返すと10円くれるらしいけど、記念に持って帰りました

店の中は、店のタイトル通り本より雑貨が多いって感じです。しかも、この雑貨のラインナップがなんとも言えない上手さといいますか…、なんとなく欲しいけど自分で買う程でもないレベルのものが超多量に有りました。見てて凄い楽しかったです。

ちなみに、ここまでの道中で桔梗駅に寄って見ようと思ってましたが、気づけば通りすぎてました。残念。

移動再開です。

ラウンドワン




やっぱりゲーセンやんけ。
普通にゆっくり遊びました。

もうここまで来ればぶっちゃけ見覚えのある道です。比較的通ってない道をあえて選択して帰宅しました。

以上、旅の回想。


というわけで、今回の旅(ツーリング)はこんな感じでした。


スクリーンショット_2016-08-25_23_01_53

走行距離と走行時間は一部計測し忘れが有りましたが、50キロ弱を3時間ちょいで走ったって感じですね。途中体力切れで凄いゆっくり漕いだのが時間が伸びた原因です。

まあしかし、たまにはがっつり運動してみるのもいいですね。楽しかったです。
腕は日焼けでくっきりシャツとの境目ができてます。痛い。ひりひりして辛い。

ちょっとの間はこんな距離の旅はもうしません。疲れた。

高校時代はもっと長い距離をママチャリで漕いでたんですよね…
信じらんねえ。

ま、そろそろ作業に戻るとします。では。